工学部の暇つぶし

ゲームや漫画や日常の出来事を様々な観点から観察、分析していきます。たまに真面目な話もします。暇つぶしです。基本的に平日は毎日更新、土日は暇なら更新です。

お知らせ

今週は試験のため、ブログを書く頻度が落ちます。今日もお休みします。すいません。

 

【進撃の巨人】巨人の能力の決定要因について

昨日はブログを更新せず申し訳ありません。

少し体調が悪かったので、お休みしました。

 

それでは、本日の話題に入ります。

進撃の巨人では、最初は巨人については謎ばかりでしたが、少しずつ謎が解けてきています。

そこで僕は

巨人の能力の決定要因

について考えてみることにします。

 

・巨人の外見

まず、巨人の外見については、巨人化する前の人間の容姿が強く影響します。個体差はありますが、顔つきが似た巨人になるということに間違いはないでしょう。これは、87話「境界線」で確定的になりました。

 

f:id:owata047:20170721082017j:image

(87話 境界線)

 

グリシャの仲間、エルディア復権派のメンバーは殆どがマーレによって無垢の巨人にさせられますが、かなり顔が似ていますよね。

すごいアルミン巨人の顔が気になる…(笑)

 

・巨人のサイズ

巨人の大きさには、かなりの個体差があります。小さいものは3m程ですが、大きいものになると15m程になります。どのように巨人の大きさが決まるのかですが、これも87話で明らかになりました。

 

f:id:owata047:20170721083152j:image

(87話 境界線)

 

巨人の大きさは調整可能であり、おそらく巨人の大きさは、注射する脊髄液の量で決まると考えられます。グロスは特別な薬を持っていたわけではありませんし、3〜4mというアバウトな数字を出している点も脊髄液の量を目分量で決めているからではないでしょうか。もちろん、巨人化する人間の体格にもよると思いますが。

 

・巨人の基本能力

基本能力とは基本的なスペック、ポケモンで言えば種族値のようなものだと考えてください。

要するに、知性巨人によって付加される能力や王家の血を引いていることによる特殊能力を差し引いた単純な戦闘力のことです。

僕は、これは巨人化する人間の能力と注射される脊髄液の種類によると考えています。このように考える理由は次のシーンです。

 

f:id:owata047:20170721093131j:image

(95話 嘘つき)

 

巨人化する人間の能力が高いと、巨人の能力が高くなるというのはなんとなく分かりますし、マガト隊長もそのように言っています。アニの格闘能力はしっかりと女型の巨人に引き継がれていました。

 

f:id:owata047:20170721092029j:image

(65話 夢と呪い)

 

65話でのロッドの発言です。

この注射なら強力なら巨人になれる

最も戦いに向いた巨人を選んだ

と言っています。しかし、当然ですが、この注射を打つことで知性巨人になれるわけではありません。普通の無垢の巨人であれば、高い戦闘能力があったとしてもその技術を活かすことはできない(捕食しか考えなくなる)ので、エレンを捕食して知性巨人化する前提での注射だったと考えられます。(ロッドはこの液を経口摂取して馬鹿でかい奇行種になりましたが、これは経口摂取したことが原因だと考えています。)

また、最も戦いに向いた巨人を選んだという発言から、他にも様々な種類の注射があるのではないかと思います。

 

まとめると

  • 巨人化する人間の能力が巨人の基本能力に影響する
  • 注射の種類によって巨人化したときの基本能力が決まる。
  • 知性巨人化しないとそもそも捕食行動したとらないため、能力の高低は意味ない

 

・巨人の特殊能力

特殊能力とはその巨人に特有の能力です。

これは主に9つの巨人の継承によって得ることができます。鎧の巨人は全身を硬質化した鎧で覆われていますし、女型であれば部分的な硬質化と高い機動力、近くの無垢の巨人を呼び寄せることができます。

進撃の巨人とかは具体的な能力は不明ですが、とりあえず9つの巨人を継承すればその巨人の持つ能力を得ることができます。

ユミルは戦士としての訓練などは受けていませんでしたが、ウトガルド城では高い機動力で大量の無垢の巨人を相手にしていました。並の巨人であの動きは無理でしょう。これは、ユミルが顎の巨人を継承したことにのり顎の能力(爪、顎、俊敏さ)が付加されたと考えられます。

そして、もう1つ特殊能力に関係するのが血です。ジークは獣の巨人を継承していますが、獣の自体に能力はありません。しかし、ジークは自分の脊髄液を打ち込んだエルディア人を巨人化させ、操ることができます。

 

f:id:owata047:20170721182426j:image

(93話 闇夜の列車) 

 

これは、獣の能力ではなく、ジークが王家の血を引いているからです。つまり、9つの巨人の能力に追加して、王家の血も巨人の能力に影響されます。

 

 

以上をまとめると、次のようになります。

  • 巨人の外見や能力は、巨人化する人間の影響を受ける
  • 巨人のサイズは、注射する脊髄液の量で決まる
  • 巨人の基本的な性能は注射する脊髄液の種類で決まる
  • 巨人の特殊能力は継承した巨人の種類と血で決まる

 

かなり謎は解けてきていますが、未だに奇行種など不明な点も多いです。次回あたりで、巨人学会の研究成果を知りたいところですね。

 

意見、質問などあればコメントお願いします。

 

 

おわり。

【進撃の巨人】戦槌の巨人について

95話でついに9つ目の巨人が判明しました。

その名は戦槌の巨人。名前からしてめちゃ強そうです。

そして、この巨人を管理していたのがタイバー家であり、タイバー家は巨人大戦の時にフリッツ王を退けた一族であり、国際的にその名を知られているようです。

 

f:id:owata047:20170719082458j:image

f:id:owata047:20170719082510j:image

(95話 嘘つき)

 

タイバー家は巨人の力を敵国に向けていないとのことです。タイバー家は戦槌の巨人を一族の中で管理、継承し続け、一度も巨人をマーレ戦士隊に継承させたり、戦争に参加したりしていないということでしょう。

また、フリッツ王を退けたということは、始祖の巨人に抵抗できたということでしょう。

 

始祖の巨人はすべての巨人を操ることができるのに、何故始祖の巨人は敗れたのでしょうか。

これには2つの理由が考えられます。

 

1つ目は、145代フリッツ王が座標を使わなかったからです。145代フリッツ王は、巨人大戦に敗れ、パラディ島に壁を築き、不戦の契りを結びます。わざわざこんなことをするくらいですから、それ以前から戦う気がなかったのかもしれません。

そもそも、エルディア帝国時代から始祖以外の巨人同士は争いが絶えませんでしたが、始祖の巨人によって均衡が保たれていました。145代フリッツ王をはこの役割を放棄したとのことなので、巨人大戦のときも能力を使わなかった可能性があります。

 

f:id:owata047:20170719084303j:image

f:id:owata047:20170719085322j:image

(86話 あの日)

 

 

2つ目は、戦闘で戦槌の巨人に勝てなかったからです。

タイバー家は、始祖の巨人を退けたことで世界的に知られています。これはつまり、タイバー家が巨人大戦において素晴らしい活躍をしたということでしょう。みんなで協力して始祖の巨人を追い詰め、戦槌の巨人がとどめを刺したくらいではタイバー家はここまで名高くはなっていないと思います。つまり、戦槌の巨人だけが唯一始祖の巨人に抵抗できたくらいのレベルではないでしょうか。

始祖の巨人の能力を行使しなかったとしても、全ての巨人を支配する始祖の巨人は戦闘でもやはり強かったのではないでしょうか。巨人化の注射によって巨人の戦闘能力は変わるので、フリッツ王家は他の巨人同士の争いを沈める役割を果たすためにも強力な巨人にしてから継承させていた可能性が高いです。

 

f:id:owata047:20170719090513j:image

(65話 夢と呪い)

 

そんな始祖の巨人を退けるくらいですから、他の知性巨人を遥かに凌駕する戦闘力を持っているのではないでしょうか。

 

・どんな能力?

これが気になりますよね。まず、戦槌の巨人という名前と巨人大戦の描写からして、槌のようなもので戦う巨人なのではないでしょうか。

しかし、槌を持って戦うのではただの道具ですから、鎧の巨人が巨人化で鎧を纏うように、戦槌の巨人は巨人化で槌を装備するのではないかと予想しています。そして、とんでもない攻撃力を持っているのだと思います。

 

以上で戦槌の巨人についての考察を終わります。まだ情報が少ないのですが、間違いなく今後ストーリーに深く関わってきますし、調査兵団と対峙することもあるでしょう。事実上のラスボスのような雰囲気もありますし、かなりの強敵でしょうね。リヴァイと相討ちになるくらいの強さは最低でもありそうです。

96話が楽しみですね!

 

意見、質問などあればコメントお願いします。

 

 

おわり。

【読書】オススメの小説『深夜特急』を紹介!

みなさんは、本を読むことが好きですか?

 

僕は高校生までは殆ど読書はしない人間だったのですが、大学生にもなって全く読書をしないというのもどうなんだろうと思い、時々本屋に行って何冊か本を買い、退屈な講義の時間を利用して本を読み始めました。

そして、見事にハマりました。

読んでて楽しいし、本の世界に入り込むとつまらない90分の講義があっという間に終わります(笑)

 

本を習慣的に読む人には考えられないかもしれませんが、大学生でも、国語の教科書くらいでしか活字に触れたことがないという人も結構います。

最近になって読書をし始めた奴が調子にのるなと思われるかもしれませんが、本を読まないのはもったいないです。本を読むことで新しい考えにも出会えますし、知識や教養も身につきます。

 

そして、読書を始めようとしても、何を読めばいいか分からないという人も多いと思います。

というわけで今回は、高校や大学から読書を始めようとしている人向けの最近読んだオススメの小説を紹介したいと思います。

 

f:id:owata047:20170718225316j:image

 

深夜特急』は、沢木耕太郎による紀行小説であり、1986年に初版が発行されました。

内容は、日本人の主人公が、様々な地域を巡り、多くの人と出会い、色々なことを経験しながら乗合バスでインドのデリーからイギリスのロンドンを目指すというもの。要するに旅ですね。

男なら誰しもが一度は旅に憧れる瞬間があるのではないでしょうか。僕も高校2年の時初めて修学旅行で海外に行ってから外国を旅してみたいと強く思いましたが、時間とともにそんな気持ちは無くなっていきました。受験勉強でそれどころではなかったというのもあるでしょう。

しかし、大学生になってこの小説を読むと、旅っていいなという憧れとともに、旅をしたいという強い気持ちが蘇ってきました。

大学生の間に1ヶ月程でもいいので適当に海外を旅してみようと色々計画しています。いつになるかは分かりませんが(笑)

 

それでは、僕の感想はこれくらいにして、この小説の特徴をざっくりと紹介していきたいと思います。

まず何と言っても、 旅先での土地や人々の感想表現がとにかくリアルなことです。著者が感じた印象がはっきりと伝わってきて、自分が実際に旅をしているようにさえ感じてしまいます。

新しい土地に着けば、その土地やそこで出会った人々の感想がリアルに描かれる。6冊ありますが、全く飽きずに読むことができました。

次に、著者自身の考え方の変化や成長です。およそ1年間も自国を離れ旅を続けるわけですから、様々な考え方や価値観に触れます。そのような経験を通して、読み手である僕たちも旅とは何か、人生とは何かといった問いを深く考えさせられます。ただの旅行の感想文を超えた深さがこの小説にはあります。

また、とても読みやすいという点もあげられます。難しい言葉もなく、何度も読み直さなくてもしっかり内容を読み取ることができます。この点から、読書初心者の方にとてもオススメです。

 

以上で紹介を終わります。

久々に真面目な記事を書きました(笑)

あまりこのような記事は書かないのですが、面白すぎてどうしても紹介したかったので紹介しちゃいました!

旅なんてせいぜい大学生の間くらいしかできません。読むなら早めをおすすめします。すぐに日本を出ていきたくなるくらい中毒性があります。僕もその1人ですが(笑)

 

また面白い本があれば紹介しますね。

意見、質問などあればコメントお願いします。

 

 

おわり。

【進撃の巨人】エレンがグリシャの記憶を殆ど失っていた件について

95話で、記憶の継承は血の繋がりが大きく影響するという新たな情報が明らかになりました。

 

f:id:owata047:20170712082634j:image

(95話 嘘つき)

 

これは、巨人学会の情報ですし、ライナーも「…あぁ」と言ってることから正しい情報だと考えられます。

 

ライナーとガビは親子ではありませんが、近い親戚どうしなので血の繋がりは強いです。

つまり、ライナーと血の繋がりがない他人が鎧の巨人を継承した場合と、ガビが鎧の巨人を継承した場合では、ガビが継承した場合の方がライナーの記憶をより継承できるということになります。

 

血の繋がりが強くなくても、ある程度の記憶は継承されます。ユミルから顎の巨人を継承したポルコは、ユミルの記憶を通して調査兵団時代のライナーを見ていました。

 

f:id:owata047:20170714082054j:image

(93話 闇夜の列車)

 

しかし、ポルコは兄マルセルの記憶は見れていませんし、ユミルのことも少し分かった程度です。

 

f:id:owata047:20170714082351j:image

f:id:owata047:20170714082400j:image

(93話 闇夜の列車)

 

そもそも、ユミルがベルトルトに巨人になるとき誰を食ったか覚えているか聞かれたときも、ユミルははっきり覚えていなかったので、おそらくユミルはマルセルの記憶を殆ど継承していなかったのでしょう。記憶の継承が世代を超えて(マルセルからユミルをとばしてポルコに)継承することがあるのかないのかはわかりませんが、とりあえず血の繋がりが弱い人同士では、記憶の継承はあまり行われないことが分かります。

 

では、逆に血の繋がりが強い人はどうでしょう。

 

血の繋がりが強い継承の例として、主人公エレン=イェーガーがいます。

エレンは、父グリシャから進撃の巨人と始祖の巨人を継承しました。

しかし、エレンは巨人に食われるまで巨人化できることすら知りませんでしたし、ましてやグリシャの記憶など一切覚えていませんでした。

 

血の繋がりが強いほど記憶も継承されるんじゃないの?

 

って感じですが、エレンとグリシャに関してもこの法則は成立していると僕は考えます。

理由としては、エレンは地下室でグリシャの手記を読んでからはグリシャの記憶(ダイナについてなど)をかなり鮮明に思い出しているからです。

これは、記憶を継承しなかったのではなく、記憶自体はかなり継承したが、グリシャによって一時的に記憶を消されていただけなのではないでしょうか。それが薬によるものなのか始祖の巨人の力によるものなのかは分かりませんが、グリシャはエレンが地下室にたどり着き、自分の手記を読むまで自分の記憶を思い出さないようにしたのは確実だと思います。

 

もし、エレンが進撃の巨人と始祖の巨人を継承してすぐにグリシャの記憶を知ったらどうなるでしょうか。

エレンは間違いなくすぐにでもマーレと戦おうとするはずですよね。

しかし、実戦経験も知識も殆どないままマーレに向かったところで、返り討ちにあって始祖の巨人をマーレに奪われてしまうことは目に見えています。そうなればいよいよエルディア人は終わりです。わざわざグリシャがクルーガーから進撃の巨人を継承し壁内に侵入した意味がありません。

かといって、グリシャにとってもエレンがいずれはマーレと戦うことになることも予想できるでしょうから、マーレについての知識とともに自分の記憶についてもその時までには継承しなくてはいけないはずです。

 

そこで、地下室をきっかけに継承するようにしたのだと思います。地下室はシガンシナ区、つまりウォールマリアの一番外側にあります。ウォールマリア〜ウォールローゼのエリアは巨人の生息域になってしまっているので、シガンシナ区の地下室までたどり着ければエレンはマーレと戦えるだけの十分な力がついているだろうとグリシャは考えたのではないでしょうか。

 

まとめると

  • 例外なく血の繋がりと記憶の継承の度合いには相関関係がある
  • エレンがグリシャの記憶を思い出せなかったのはグリシャによってエレンは地下室にたどり着くまで記憶を消されていたから

 

って感じだと思います。途中からグリシャがエレンの記憶を消していた理由の考察になっちゃいましたが、まあこれはこれでいいでしょう(笑)

気になるのは、今後この設定がどう生きてくるかですよね。鎧の巨人は果たして誰が継承するのでしょうか。僕はガビではないと思っていますが。

 

以上で考察を終わります。

意見、質問などあればコメントお願いします。

 

 

おわり。

お知らせ

本日は忙しいため記事を書くことができません。明日以降また書くのでよろしくお願いします。

【進撃の巨人】何故ベルトルトは超大型巨人を継承したのか?

95話で、マーレが所有する巨人の能力が説明されていました。

 

f:id:owata047:20170712152253j:image

(95話 嘘つき)

 

女型の巨人は高い機動力と持続力を持ち、身体の一部を硬質化することもできます。この硬質化とアニの格闘術の相性が良く、高い攻撃力を誇ります。また、範囲は狭いが無垢の巨人を呼び寄せることもできます。

 

f:id:owata047:20170712152315j:image

(95話 嘘つき) 

 

鎧の巨人は硬質化に特化していて、全身が硬質化された鎧のようなもので覆われています。その硬さを活かしてパラディ島に築かれた壁を破ることや、味方を攻撃から守ることが役割のようです。ライナーは性格上鎧の巨人の役割に向いているとのことです。

 

f:id:owata047:20170712152626j:image

(95話 嘘つき)

 

顎は俊敏な動きで接近し、強靭な爪と顎で大砲などを砕くことによって攻撃を行います。中東連合との戦争でもそうでしたし、ユミルの巨人体も並の巨人を凌駕する機動力を持っていました。機転の利くマルセルが継承しました。

 

f:id:owata047:20170712151948j:image

 (95話 嘘つき)

 

車力の巨人の特徴は持続力です。長期間巨人化することが可能で、実際調査兵団と戦ったときも、ジーク、ライナー、ベルトルトが人間の状態で話している時からピークは巨人化して見張りの役割を果たしていました。状況に応じて兵装を使い分けて作戦の幅を広げることができるため、判断力の優れるピークが継承しました。

 

ここまでの4体の巨人は、みな継承した理由が述べられています。しかし、獣の巨人と超大型巨人については継承した理由が述べられておりません。

 

f:id:owata047:20170712153709j:image

f:id:owata047:20170712153736j:image

(95話 嘘つき)

 

獣の巨人は巨人自体には能力がなく、他より多少デカイだけらしいです。

 

 f:id:owata047:20170712154007j:image

(95話 嘘つき)

 

それに対し、超大型巨人は、細かい能力の説明はありませんでしたが、破壊の神と呼ばれています。明らかに他の巨人に比べて強そうな言いかたですよね。

 

では、何故ベルトルトが超大型巨人を継承したのか?

 

ベルトルトは、優れた射撃技術を持ってはいましたが、超大型巨人に射撃の技術を応用できるかと言われれば微妙なところです。それに何より、ジークは戦士候補生のまとめ役といった感じでしたし、マガト隊長からの評価も高そうでした。現在でもジークは戦士隊の隊長を務めています。

となると、ジークが破壊の神こと超大型巨人を継承するのが自然な流れのように感じます。

 

ジークの優れた投球技術を使うためでは?と思うかもしれませんが、獣の巨人が投球技術で化けるのが分かったのはおそらくジークが継承した後なので、この可能性もないと考えられます。

 

しかも、ベルトルトはポルコに殴られて泣いているライナーを励ましたり、どちらかというと優しい性格です。破壊の神を継承するのには性格上向かないと思います。

 

というわけで、考えれば考えるほどよく分からないので、無理矢理仮説を立ててみます。

ベルトルトは、自分の意思で行動することが苦手です。調査兵団に入っていたときもそのような描写が見られました。

超大型巨人は、基本的に動かずに戦います。ウトガルド城で調査兵団と戦ったときもそうでした。そのため、状況を判断して自分で動く必要はありませんし、行動を決定するのが苦手なベルトルトに合ってるっちゃ合ってる気もしますね。潜在能力は高そうですしね。

 

また、獣の巨人は本当にただ大きいだけの巨人なのでしょうか。他の巨人は何かしらの特徴があるのに獣の巨人だけないというのも変な話です。マーレ軍も詳しく知らない秘密があって、ジークは自ら獣の巨人の継承を希望した可能性もあります。

 

以上で考察を終わります。

根拠のあまりない推測になっちゃいましたし、内容的にも今後明らかになるか微妙な内容です。

もしかしたらこの謎についても回収があるかもしれないので、次回以降に少し期待しておきましょう。

 

意見、質問などあればコメントお願いします。

 

 

おわり。