工学部の暇つぶし

ゲームや漫画や日常の出来事を様々な観点から観察、分析していきます。たまに真面目な話もします。暇つぶしです。基本的に平日は毎日更新、土日は暇なら更新です。

【進撃の巨人】マーレ人の一部は巨人化できる説

94話で明かされた新事実として、ライナーがマーレ人とエルディア人のハーフであるというのは今後の展開で大きな意味を持つと思います。

f:id:owata047:20170613082956j:image

僕は、作中でエルディア人と言われているのは所謂純血のエルディア人のことかと思っていました。そして、巨人化できるのは純血のエルディア人だけだと思っていました。

 

しかし、マーレとエルディアのハーフであるライナーが巨人化できるということで、この仮説は覆されましたね。

 

この事実をもとに、ハーフでも巨人化できるならリヴァイ兵長(アッカーマンとエルディアのハーフと思われる)も巨人化できるなどという考察をしている人もいます。

非常に面白い考察ですよね!

というか強すぎて世界滅ぼしそう(笑)

 

本題に戻ります。ライナーがエルディア人とマーレ人のハーフである以上、エルディア人とマーレ人のハーフは他にもいると考えられます。

さらに、それは現代に限った話ではなく、昔から民族を超えて子供をつくるということが行われていたと考えられます。となると、殆どの人はどこかしらでエルディア人の血が混じっているのではないでしょうか。

 

この疑問を解消する鍵になるのが、86話「あの日」のグリシャの父親の発言です。

 

f:id:owata047:20170613084120j:image

 

『エルディア人は他民族に無理矢理子を産ませユミルの民を増やした』

『その民族浄化が約1700年間続いた』

とあります。

クルーガーは、事実などない、民族浄化が1700年も続いたらマーレは全滅していると言っていましたが、とりあえず1700年続いたとしましょう。

 

※この点が考察不足だったので6月27日に新しい記事を書きました!↓

【進撃の巨人】1700年間の民族浄化についての考察 - 工学部の暇つぶし

 

ユミルの民というのは巨人化できる人種のことなので、エルディア人と他民族のハーフは巨人化できるということになりますね。

ということはハーフでも巨人化できるというのは86話の時点でほぼ明かされていたことになります。

また、このことからエルディアと他民族で子を産むという行為は昔からあったことがわかります。

 

そして民族浄化が1700年間続いたというのがポイントです。この1700年間はおそらく巨人の力が最強だった時代でしょう。現代になってようやく科学技術が巨人に勝るかどうかのレベルです。巨人化の力を有するエルディア人に他民族は抵抗する術はなかったと思われます。

ある程度抵抗できたのであればエルディア人の民族浄化を抑制することができたかもしれませんが、エルディア人の天下であった1700年間は物凄い速度でユミルの民が増えていったと考えられます。

 

 そしてこの1700年間の後にマーレが復権します。

 

f:id:owata047:20170613084934j:image

 

グリシャの父親によると、マーレは内部工作によってエルディアを弱体化し、9つの巨人のうち7つを奪ったとあります。

 

この時内部工作を試みて革命に成功したマーレ人は果たして純血のマーレ人でしょうか。

 

おそらく違いますよね。

1700年間も民族浄化が続いたとしたら、純血のマーレ人は超大国のエルディア相手に内部工作できるほどの人数が残っていないと思われます。それに何より、もし仮にマーレが滅ぼされた時に純血のマーレ人が一部生き残っていて、どこかでひっそりと暮らしながら革命のチャンスをうかがっていて、1700年の後に内部工作に成功したとしても、純血のマーレ人だけでは巨人の力を奪うことができません。純血のマーレ人は巨人化ができませんからマーレ側にユミルの民が少なくとも数人はいたはずです。

 

そして、現代でマーレ人と呼ばれるはこのとき内部工作に成功したマーレ人の子孫に当たる人物でしょう。そう考えると、マーレ人の殆どはエルディア人の血が混じってますよね。

 

では、エルディア人とマーレ人の境界はどこにあるのでしょうか。88話「進撃の巨人」でのグリシャとクルーガーのやりとりから、血液検査によってマーレ人とエルディア人を判別しているということが分かります。

 

 f:id:owata047:20170613093501j:image

 

エルディア人の血が半分以上混じっていればエルディア人とみなされるのでしょうか。それとも何か別の要因があるのでしょうか。

ただ、先程言ったように、マーレ人と言われる人の中に純血のマーレ人は殆どいないのではないかと思います。つまり、純血のマーレ人だけが血液検査によってマーレ人と認められるというわけではないと考えられます。

 

この仮説が正しいならば、社会的にはマーレ人(血液検査でマーレ人と判断された)だが、生物的にはエルディア人(巨人化できる)みたいな人もいるのではないでしょうか。

 

以上がマーレ人の一部は巨人化できるのではないかと考えた理由です。

エルディア人の血と巨人化の関係性、マーレ人とエルディア人の血液的な境界線はまだ完全には明らかではありません。

細かい設定ではありますが、いつか作中で明かされることを期待しましょう。

 

最近進撃の巨人の記事が多めですが、最新話が出ると色々な事実が発覚するので考察したくなっちゃうんですよね(笑)

95話が待ち遠しいですね!

 

 

おわり。