工学部の暇つぶし

ゲームや漫画や日常の出来事を様々な観点から観察、分析していきます。たまに真面目な話もします。暇つぶしです。基本的に平日は毎日更新、土日は暇なら更新です。

【進撃の巨人】未回収の伏線、謎まとめ その1

86話以降、物凄い速度で今までの謎が解き明かされていますが、世界が壁外にまで広がったことで、また新たな謎も出現し始めています。

 

というわけで今回は、未回収の伏線や解き明かされていない謎のうち、今後の展開に大きな影響を与えると考えられるものを紹介していきたいと思います。

進撃の巨人は伏線や謎が多いため、一度に全てを書くと多すぎるので今回は作品前半に出てきたものを紹介します。

 

・「2000年後の君へ」の意味

最も初期からある謎の1つです。「20000年後の君へ」というのは第1話のタイトルであり、94話目を迎えた現在でも明確な答えはなく様々な解釈が生まれています。

有力な説としては、人類が巨人の力を得るきっかけとなった始祖ユミルから2000年後に生きるエレンに対して何かを伝えた説や、進撃の巨人は2000年ごとにループしているのではないかという説があります。

僕は前者の説を予想していますが、まだ謎が多いので何とも言えません。

解明が最も望まれる謎の1つでしょう。

 

・13ページの謎

単行本1巻の13ページの下部になぜかこのページだけー13ーの表記があります。

 

f:id:owata047:20170628094913j:image

(1話 2000年後の君へ)

 

ただの印刷ミスでは?と思う人も多いかと思いますが、進撃の巨人の世界では、9つの巨人を継承した人が13年で死んでしまうユミルの呪いが存在することから、この13にも何か意味があるのではないかと考えられています。

 

・エレンの夢とミカサの髪

これも最初期からある謎の1つです。

 

f:id:owata047:20170628144352j:image

(1話 2000年後の君へ)

 

「2000年後の君へ」と同じくループの伏線になっている説や道を通して過去の記憶が流れ込んでいた説がありますが未だに解決の手がかりがありません。おそらく物語の本質に関わる部分なので、解き明かされるとしても終盤だと予想されます。

 

・ミカサの頭痛

2話「その日」以降度々現れてきました。ミカサにとって大事な人(家族と思ってる人?)が失われそうな時に起こるのではないかという説が一般的ですが、5話「絶望の中で鈍く光る」では一般市民を助けて親子に礼を言われた時に頭痛が起きていました。

 

f:id:owata047:20170628151335j:image

(5話 絶望の中で鈍く光る)

 

この頭痛が単にミカサの精神面の揺らぎから来るものなのか、それともアッカーマン一族に固有なものなのか、東洋の一族に固有なものなのかは分かりませんが、作中に何度も現れているのでこれからも起こる、あるいは謎の解明があるかもしれません。

 

・謎の伝染病

今は亡きハンネスがグリシャを恩人としている理由にも当たります。

エレンらが生まれる前、謎の伝染病によって多くの壁内人類が亡くなったそうですが、突然グリシャが抗体を持って現れたおかげでみんな助かったというエピソードです。

単にグリシャが優れた医者であることを示すことが目的かもしれませんが、グリシャが壁外出身である以上、何か重要な謎が隠されているかもしれません。今後に期待です。

 

・ミカサの刺青

ミカサは東洋人の母親から一族に代々伝わる印を右手首に刺青されています。

 

f:id:owata047:20170628095546j:image

(5話 絶望の中で鈍く光る)

 

東洋の一族は、作中で何度かピックアップされたものの、未だに謎が多く、出世や能力も不明です。ミカサの刺青には世界の謎が刻まれているなどの説があります。

 

・奇行種について

一般的な無垢の巨人(無知性巨人)であれば、最も近くの人間を捕食しようとしますが、奇行種はこの性質がなく、行動が予測できません。

調査兵団団長、エルヴィンが考え出した巨人との戦闘を避けることを目的とした長距離索敵陣営においても、行動が予測できない奇行種だけは戦闘を行うと決まっていましたし、煙弾の色も黒色です。(通常の巨人は赤色)

87話「境界線」で無知性巨人がどのように生まれるかは明らかになりましたが、稀に奇行種が存在することに関してはまだ不明のままです。

マーレの巨人化学研究学会によってこの謎はすでに明らかになっているのではないかと予想しています。

 

・アニについて

33話「壁」で硬化物質に覆われた女型の巨人の継承者、アニ=レオンハートはそれ以降全く触れられませんでした(アルミンがベルトルトの動揺を誘うために使った程度)が、94話「壁の中の少年」でライナーと同期で戦士候補生時代から格闘術に優れていた描写がありました。また、94話の時点でライナーの寿命があと2年であることから同期のアニもあと2年であると考えられます。加えて、エレンが硬質化能力を手に入れた現在では無理やり硬化物質を割ってアニを出す展開や、アニが自力で出てくる展開などが考えられます。

また、アニは調査兵団に捕獲された際、無知性巨人に自らを襲わせて脱出しました。これは知性巨人だからではなく、アニが王家の血を引いているか、女型に特有の能力ではないかと考えられています。(ライナーやベルトルトには無知性巨人を操る能力はおそらくないことからそう考えられる)

謎が多いキャラですが、未だ壁内で生存していることから今後の展開に大きく影響することは間違いないと言えるでしょう。

 

 

以上で作品前半に登場した主な謎や伏線の紹介を終わります。整理してて思ったんですが、女型の巨人〜ウォールマリア奪還作戦あたりに登場した伏線はほとんど回収されているんですよね。現在残ってる謎は、物語の本質に関わる根本的な部分や壁外についてのことが殆どです。

 

次回は作品後半に登場した謎を紹介します。そちらにでは壁外についての謎や伏線の多くを紹介するので、また見ていただければ嬉しいです。

 

本日紹介した謎は、以後個別に考察していく予定です。

みなさんも、作中の情報を手掛かりに自分なりに考察してみてはいかがでしょうか。

 

意見、質問などあればコメントお願いします。

 

 

おわり。